舌に できものが できた。どうすれば良い?原因や改善方法を教えて?

できものは体中いたるところにできる困りものですが、舌にできると治療薬にも困ります。

私の子供の頃は、蜂蜜を塗っていました。
ところが今では、パッチタイプになっている貼るタイプの口内炎の舌炎治療薬などが発売されています。

貼るタイプなので、患部に長く留まっていて効果があるようです。
それと傷口の痛みから解放されるので、楽になるようですからお勧めです。

舌にできる赤い舌炎は、血腫、地図状舌などがあります。
舌炎は野菜不足や自律神経の乱れているときなどが起こりやすく、ストレスや疲れなども原因になって症状がでます。

血腫とは、舌を噛んでしまったときにできる血豆ですが、時々舌を噛んでしまうときは、他の病気が考えられます。
血豆だからと軽く考えない方がいいようです。

口の中にできるできものは幾つも種類がありますが、そのほんどは口内炎です。

口内炎は比較的多くの方が経験されていると思いますが、疲労で体調が悪いなど、免疫力が低下していると、簡単に口内炎になってしまいます。
胃腸の調子が悪いと、とくにできやすいできものです。

口内炎の他に口にできるできものとしては、舌苔(ぜったい)があります。
これは、舌の表面に白くついた苔状のもので、これは細菌や食べかすなどです。色は白が多いのですが、中には褐色や黒色をしているときもあります。
特に気にしなくてもいい症状ですが、気になるようでしたら、「口腔外科」で診てもらいます。

そのほか「しろなまず」と呼ばれる「白斑症」ができることもあります。
原因は特定されていませんが、自己免疫疾患ではないなかという説が有力です。

しろなまずのばあいもそれほど気にする必要がないのですが、「白板症」は、癌になる可能性が4,4%以上とあると言われていますので、注意する必要があります。
白色の板状か、あるいはまだらになっています。上

記の他、口できるできものはペルペスや口腔カンジダ他たくさんあります。