唇(くちびる)に できもの ができた。原因は?治る方法は?

私は小学校の頃は、ほんとうによく唇の端にできものが出来ました。

友達もかなり多くの子が唇にできものが出来ていて、ほとんどは冬でした。
長野県の冬は寒いうえ、乾燥するのも原因だったのでしょう。

唇のできものは目立ちますし、見た目も気持ち悪くて惨めな思いをしました。
さらに、食べるときも話すときも、とにかく口を動かすたびに不快な思いをします。痛みというよりかゆみも伴います。

唇にできるこのできもののことを「ヘルペス」といいますが、できない人はできないし、できる人はほぼ毎年出来ています。
ヘルペスができる原因は遺伝的要素もありますが、その他、栄養状態によってできやすかったりする傾向があります。

ヘルペスは感染する性質をもっていますが、多くの人は子供の頃感染して抗体を持っていると言われていて、大人になって出る人はあまりいません。

もし感染しても、今はヘルペスにも良い薬ができています。
以前は病院を受診すると、「抗ウイルス薬」が処方されていましたが、最近では薬局で普通に買える口唇ヘルペスの薬も販売されています。
放っておいても自然治癒するのがヘルペスですからそんなに心配はありません。

ただ、痛みがともなったり、苦痛にかんじたりしますから、薬局やドラッグストア―などで塗布薬や痛み止めなどを買って痛みを和らげるのもお勧めです。
患部に塗ることで、食べ物が沁みたり、患部に触れて痛むのをやわらげてくれます。
早く治したいときは病院で薬を処方してもらうと治りが早いのでお勧めです。

ヘルペスの中には「ベーチェット病」などが原因のおできということもあります。
同じ場所に何度も出来るとか、治りが遅いなどの場合はベーチェット病も疑われますから病院で検査を受けましょう。
早めの手当てが肝心です。